おしえての掲示板

日本語の補習校

こんにちは。
現在ブルックリンに住んでいる5歳児の母です。
これから日本語をしっかりと学ばせたいと思っているのですが、日本語の補習校は日本語を学ばせる上で必ずしも必要でしょうか?
もしよろしければ、補習校の良い点、悪い点、値段等を教えていただけますでしょうか?
あと必要ないという方がいらっしゃいましたら、補習校なしでの勉強方法も教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:あ
  • 投稿日時:2017/06/23 14:23
  • 通報する
荒らしてた人、書き込み削除したねw

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:ねむねむ
  • 投稿日時:2017/06/23 1:31
  • 通報する
みなさま、ご返信ありがとうございます。

【ガンバレさん】
おそらく永住の可能性の方が高いので、近場だとブルックリン日本語学園が良いかも知れません。読み書きがしっかりできるようになることが大切なので、文科省とかは特に重要視してないです。あまり子供の負担を大きくしたくないので、国語と算数だけのリセと補習授業校LI校も興味があります。waiting listの件も了解しました。

【サマリーさん】
やはり永住組には日本語学園が良いのでしょうか。デュアルランゲージプログラムのある学校についても調べてみます。

【mさん】
ひらがなドリルやってないです。日本語で会話はしていますが。

【うわぁさん】
荒らしだったのですね。

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:うわぁ
  • 投稿日時:2017/06/19 15:34
  • 通報する
また最初に荒らしてた人が戻ってきたよ…

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:m
  • 投稿日時:2017/06/19 10:05
  • 通報する
永住で、喋れるようになるだけなら補習校要らないよね。
読み書きをどこまで教えたいかだけど、日本の子供でも幼児期は親が教えてるだけの家庭がほとんどだから、幼児向けのひらがなドリル辺りから始めてみては?
既にやっているようだったら、ごめんね。

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:サマリー
  • 投稿日時:2017/06/19 9:50
  • 通報する
永住で日本への興味を継続させたいなら、ブルックリン日本語学園。

日本へ戻って中学受験なら、日本の進学塾

その両方を適度にしたいなら普通の補習校

補習校は、永住組にとって、子供がすきになって続くか、日本語が嫌いになってドロップするか、諸刃の剣

そうならないために永住組のためにできたのが日本語学園。

補習校の勉強だけでは帰国後の中学受験に不安のある人のために進出してきているのが日本の進学塾

永住組の日本語ニーズに合っているのは継承後の日本語学園タイプ。

補習校は低学年までは子供も素直で、日本語も楽勝なのと、算数の進みが早いので現地校での成績が良くなる。 ついアメリカの教育のレベルが低く、日本語の教育を受けさせないと、と思ってしまう。でも、特に現地校でギフテッドや、進んだ小学校だと高学年で算数の進み具合は逆転。

漢字は高学年になると、子供自身で、漢字をやる意味に疑問を持つようになる。この辺りが分かれ目。

継承語の学校はその疑問を持つことのないように生徒を導いている。もしくはその壁の問題を解消したくて、出来た学校。

永住組にとって、文科省の指導要領をこなすのが大事か、継承語の保持が大事か、それぞれのご家庭の判断。

最近の第4のオプション。現地公立小学校の日本語のデュアルランゲージププログラム。ニューヨークにまだ1校しかない。
現地小学校の授業を日本語と英語で同時に行う。日本の教科書での勉強はしないが、文化的な継承はできる。

学校の立地と、その他のクラスの生徒がまだまだだが、これからの学校。ギフテッドクラスのように、そのクラスだけ優秀になるポテンシャル有り。フランスのデュアルランゲージで学校を市内トップ校にした成功例もある。理由は、スペイン語デュアルランゲージは低所得移民のための学校だが、ロシア語や、フランス語、日本語などのデュアルランゲージは学歴が高く、教育熱心なたちが立ち上げているため。教育に対する意識が違う。


Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:ガンバレ
  • 投稿日時:2017/06/19 8:09
  • 通報する
「これから、日本語をしっかり」とあるのですが、どのくらいやってほしいと思っているか?永住か駐在かでもだいぶ違ってきます。大体の目標は定めて、学校選びした方がいいですよ。
ブルックリンだったら、永住家庭が立ち上げた継承語としての意味合いの強い、ブルックリン日本語学園があります。

でも、ここは、文科省の学習指導要領には、法っていません。

リセと育英は、私立なので、お値段高め。
でも、育英は、体育、理科、社会、音楽授業があります。
リセと補習授業校LI校は、基本勉強は、国語算数。
幼稚園の間は、どこに通わせてもあまり変わらないかも。ただ、年中さんで枠は埋まるので、既にその機会を逃しているのであれば、とりあえずwaiting list に乗せるところから、始めないと 意気込んでも、しばらくどこにも通えない事態が発生します。

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:ねむねむ
  • 投稿日時:2017/06/18 12:38
  • 通報する
みなさま、ご返信ありがとうございます。

【ままさん】
この掲示板の暗黙?のルールを知らず気軽に質問をしてしまい、申し訳ございませんでした。知り合いから聞いた感じだと学費は年で$3000くらいみたいです。補習校には近いうちに連絡してみようと思います。

【ママですさん】
気分を害してしまったみたいで、申し訳ありませんでした。

【フェイクさん】
恥ずかしい事に情報は全く知らない親ですが、インタビューではございません。

【MKさん】
激励ありがとうございます。補習校は日本の学校を体験させられるという利点があるんですね。補習校の方にも直接問い合わせてみます。

【あいこさん】
たしかに二つとも通わせるのは子供にとっても親にとっても負担にはなりそうですね。それを上回る何かがあるから、大変でも親御さん達は通わせてるんでしょうか。


みなさまからのご返事引き続きお待ちしています。

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:あいこ
  • 投稿日時:2017/06/18 11:42
  • 通報する
補習校は日本語ができることが前提で、現地校は英語ができることが前提
どっちもそんなにできない子供には、両方通わせるのってかなりの負担になるのでしょうねぇ…

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:MK
  • 投稿日時:2017/06/17 15:29
  • 通報する
偉そうに、何を苦労したって言うのでしょうね。

そんな苦労することでもないですよ。
ネットでチェックしたり、ママ友から聞く位で、この掲示板で聞いてもそれはリサーチの一つです。

でも、直接補習校に行って聞かれるといいですよ。私情たっぷりの低レベルのコメントよりよほど役に立ちます。

補習校はしっかり日本語の勉強というより、海外において日本の学校が体験できる場所だと思います。勿論、文科省なので内容自体は年間カリキュラムも日本の学校に準じてます。
でも、受験や勉強に集中させたいなら、塾かもしれませんね。
また、永住の人の日本語は補習校では難しいかもしれません。補習校は日本語が出来た上での教科指導と考えた方が良いと思います。

頑張って!






Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:フェイク
  • 投稿日時:2017/06/11 17:02
  • 通報する
だから、ブルックリンに住んで、5歳の親で、「これからしっかし日本語を学ばせる」とか、、ここまで補習校情報のない親はおかしいので、最近多い、親のふりしての何かの情報集めでしょう。取材したとか、インタビューしたとか、生の声を聞いたとかで使うんじゃない?

こういうの今日本で多くやられているみたいですね。

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:ママです
  • 投稿日時:2017/06/11 16:45
  • 通報する
そうそう、なんでも丸投げで楽して子育て情報を得ようとする母親は最低。
自分で調べろ!!

Re:日本語の補習校 [この返信を削除する]

  • 投稿者:まま
  • 投稿日時:2017/06/11 13:12
  • 通報する
値段のような自分で調べてわかることはお調べになったほうがよいかと・・・。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/f/02.html

皆、子育てや仕事で忙しい中、自分で苦労して時間を作って情報収集してます。自分は何もしないで丸気では、誰も教えてくれません。というのが、この掲示板かも。

PAGE TOP