おしえての掲示板

new!

Re:ケーキが不味い

  • 投稿者:味音痴
  • 投稿日時:2017/07/10 14:16
  • エリア:
不味い不味いと言われたアメリカの食事ではあるが、
近年はミシュランで獲得星の数もまあまあ増えていると言われ、またニューヨーク発祥のレストランが海外進出しているという。

でもどうなんだろう?
ミシュランを獲得しているレストランのうち、アメリカ料理はどれだけあるだろうか?

答えは67件中でアメリカの料理は11件。
他の56件は他国料理。だから2割弱程度。
(ちなみに和食はそのうち12件)
これは東京の283件中,和食が7割強であることと大きく異なる。(いや,67件と283件では総数自体も4倍以上違うのだが…)

自分はミシュランは個人的には好きではないが、スタードレストランの数、およびその中の地元料理の数を考えると、だいたい東京とニューヨークの食のレベルの差と合っている気がする。その差10倍以上。

日本でも有名なマグノリアなど、もしも日本企業であれば即閉店レベルの味だ。幼稚園のお菓子教室程度のレベル。
サラベスはこちらにしては美味しいが、日本店舗のサラベスの評価通り、コストパフォーマンスが極めて悪い。

ニューヨークの食の貧相さはお菓子業界にも及ぶ。
スイーツ全般、高い上に美味しくない。
もしコージーコーナーでもできようものなら毎日行列だろう。ちなみに有名どころで,上記のマグノリアもそうだが、ショコラティエのジャックトレス、これも美味しくない。
日本にはしのぎを削るバイヤー達がいるのに、なぜ日本に進出してないかというと、不味いからである。
ちなみにジャックトレスはサービスもいい加減。
マンハッタンで、まずメゾンドショコラに行ってから
ジャックトレスに行くと、いかに「食にまつわる贅沢な気分」というのを大事にしていないか分かるだろう。売店やパン屋やカフェで売っている焼き菓子も
日本の2倍くらいの価格で、しかも不味い。

ニューヨークで美味しい料理を食べようと思ったら,
お金があればフレンチを食べ,お金がなければピザを食べる。それらに飽きたら中華やメキシカンを食べるという選択になるのである。
ひょっとしてアメリカ人の肥満の原因は、味覚が乏しいから量を食べてしまうという所にあるのではないだろうか?




PAGE TOP